来院される方へ
形成外科(非常勤)

トップページ > 診療科目のご案内 > 形成外科(非常勤)

形成外科(非常勤)

形成外科(非常勤)紹介

外科

形成外科の守備範囲は非常に多岐にわたりますが、、主に顔面や皮膚表面の異常を扱います。
主な疾患は以下のとおりです。
皮膚腫瘍(ほくろ・あざ・いわゆるできもの)・皮膚悪性腫瘍
顔面外傷・顔面骨骨折
やけど・やけどのあとのひきつれ、変形。
瘢痕およびケロイド(ケガのあとの盛り上がってしまったきずあと)
唇裂・口蓋裂、耳の変形、漏斗胸、手足の先天異常。
眼瞼下垂
巻き爪・陥入爪


ほとんどの疾患が保険適用になります。お気軽にご相談ください。

このページのトップへ

担当医表診療科目のご案内

1診察室の番号
/
午前

午後

12
宮田/秋元

※1

12
香西

※1.火曜日、午後、形成外科は、第1.・3・5週は宮田医師、第2・4週は秋元医師が担当します。
このページのトップへ
  • 電話する
  • ページトップへ戻る
Copyright © 2013 Heisei-Tateishi.net, All Rights Reserved.